2018年01月30日

【麦】製粉とピザ作りの様子

IMG_4471shizennou_mugi_pizza.JPG

こぐま塾アグリコース「小麦の部」、
1年の振り返りに続きまして、ピザ作りの様子をお届けします。

たっぷり収穫できた麦のうち、1割ほどは種として保管。
IMG_4222shizennou_mugi_koguma.JPG

残りをみんなで分けるべく、順次、家庭用製粉機で製粉してゆきました。
IMG_1913mugi_seifun.JPG

今回のピザ生地は、自然農小麦の旨みを丸ごと味わうべく、全粒粉のまま使用。
薄力粉のレシピよりも水分と油分をやや多めに仕込み、イースト発酵させておきました。
IMG_4448shizennou_mugi_pizza.JPG

分割したら、破れないよう平らに丸く伸ばしていきます。簡単にお手本を見せた後は・・・
IMG_4467shizennou_mugi_pizza.JPG

大きい子たちは次々に生地作りを開始。
IMG_4489shizennou_mugi_pizza.JPG

小さい子チームも予想以上に夢中になって生地と格闘していましたね。
IMG_4474shizennou_mugi_pizza.JPG

ピザ用に育てたのは、自然農でも確実に結実しやすいミニトマト&マイクロトマト。
IMG_1937tomato_koguma.JPG
収穫できたものから少しずつ陽に干し、
旨みが凝縮したセミドライの状態でオイル漬けにして冷凍保管しておきました。
IMG_4454shizennou_tomato_bazil.JPG
同じくバジルも、摘んではオリーブオイル・塩とミキサーにかけ、バジルソースとして冷凍。
いい香りに歓声があがりました。

思い思いの組み合わせでピザにトッピングしていきます。
IMG_4501shizennou_mugi_pizza.JPG

セミドライトマトには、スライスして塩をまぶし、甘みを引き出した玉ねぎを合わせました。
IMG_4505shizennou_mugi_pizza.JPG

バジルソースには、蒸かして荒くつぶしたジャガイモを。
IMG_4513shizennou_mugi_pizza.JPG
それぞれお好みでチーズも使ってもらいました。

全部で12枚のピザを1枚ずつ、焼いては分け合って食べ、焼いては食べ・・・
焼きあがるたびにピザコールで大騒ぎの子ども達でした。
IMG_4524shizennou_mugi_pizza.JPG

摘んで冷凍しておいた桑の実は、朝から土鍋でコトコト煮詰めて
ハチミツとレモン汁、塩でジャムに。
IMG_4534kuwanomi_jam.JPG
ほとんどをお持ち帰り用にして、残りをお味見しました。
IMG_4554kuwanomi_jam.JPG

小麦は、おうちで製粉できる方は玄麦のまま、そうでない方は全て小麦粉にしてお持ち帰り。
IMG_4536shizennou_mugi.JPG
(遠方&産後のNさんにはあれこれ詰め合わせて発送させていただきました)

脱穀時に試食用でお渡ししてあった小麦粉を使って、
滋味深いクッキーを持ってきてくださったAさん。美味しかったです!!
IMG_4563shizennou_mugi_cookie.JPG

麦を育ててパンを食べよう!のかけ声で始まったこの企画、
気候と会場の都合でピザ作りのみとなってしまいましたが
どうか各自で、おいしいパンを味わってみてくださいね。
/IMG_4610okibi_pan.JPG

1年3ヶ月の長い期間、なかなか集まれず途方に暮れることもありましたが
何とか最終回に辿り着くことができました。

みなさんと一緒に麦作りをすることができて、本当に良かったです。
ありがとうございました!そして、お疲れ様でした〜!





雑草屋Facebookページのご案内◆
こぐま塾を主宰する雑草屋の情報発信がまとめてご覧になれます。
「いいね!」をしていただくことで、雑草屋およびこぐま塾からのお知らせが
ご自身のFacebookにも配信されます。
posted by 塾長 at 16:17| Comment(0) | アグリコース(麦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。