2018年01月29日

【麦】自然農で育てる小麦の様子 〜1年の振り返り〜

2016年11月の種まきから、
IMG_2764mugimaki.JPG

気づけば、
IMG_2565mugibatake.JPG

1年3ヶ月。
IMG_8894shizennou_mugibatake.JPG

1月27日、最終回として「ピザ作り」を行うことができました。

小麦の部のみなさま、長い間お付き合いくださり、誠にありがとうございました!
貴重な体験を共有させてもらえたこと、心から感謝しております。


今年はなかなかレポートする時間が取れなかったので
最後に、これまでの様子を簡単に振り返ってみましょう。



種まき直後にハトに食べ尽くされ、二度目の種まきをして、鳥よけネットを張り・・・。
無事に緑のツンツンが出てきたときは、ほっとしたことでした。
IMG_5276shizennou_mugifumi.JPG

去年の今頃(2月初旬)、幼い苗に育ってきたところを麦踏み。
IMG_5275shizennou_mugifumi.JPG
ピザに使うトマトやバジルも育てるべく、畑も作りました。


そして6月初旬。麦は、見事な実りを見せてくれました!
IMG_8898shizennou_mugibatake.JPG

トマトやバジルは少しずつ育ってきた頃。
IMG_8912tomato.JPG

ちょうど桑の実の最盛期だったので、こぐまの森で桑の実を山ほど摘みました。
IMG_8905kuwanomi.JPG

子どもも大人も、夢中になって摘んだ夏が懐かしいですね。
IMG_8915kuwanomi_hiroi.JPG

こぐまの森のシンボルツリーとも言える、榎(エノキ)の木。
IMG_8931koguma_no_mori.JPG

木登りしたり、ブランコで遊んだり、木陰でお弁当を食べたり・・・
IMG_0404koguma_no_mori.JPG
子ども達にとって、一番の遊び場でしたね。

なかなか予定が合わずに麦の収穫は遅れてしまいましたが、
7月初旬、何とか全員で手刈りしました。
IMG_0397mugi_shuukaku.JPG
遠方から参加の妊婦Nさんがものすごい勢いで刈ってくれ、その健康さに圧倒されましたね。

反省点は、草管理。麦は背丈が高くて安心してしまったのですが、
定期的な草刈りができていなかったことは、後から反省することになりました。

麦の収穫時、絡みつくツルやトゲの草に悩まされましたし、
何よりも脱穀作業が困難を極めました。
IMG_0501mugi_dakkoku.JPG

時間がない中での麦収穫だったので、麦の束なども作らずに重ねていき
移動の際に向きが混ざってしまったのですが、これもしまった!と思ったことでした。
IMG_0469mugi_dakkoku.JPG
麦もお米と同じく、向きを揃えて収穫・移動するのが望ましいようです。
とはいえあの猛暑のさなか、短い時間と少ない人数で、見事に収穫したものだと思います!

足踏み脱穀機で麦わらと麦の穂を分けた7月から、また時は過ぎ・・・
10月、2家族が集まれたので、今度は麦の籾を外し、玄麦にする作業を行いました。
IMG_1889mugi_dakkoku.JPG


手作業で穂から外したあとは、循環式精米機を使えばいい!ということも発見しました。
IMG_1894mugi_dakkoku.JPG

そして、唐箕(とうみ)で玄麦と籾殻を分けました。
IMG_1885mugi_dakkoku_toumi.JPG

プリプリと膨らんだ、ツヤのある玄麦の眺めは、感動でした!!
IMG_1904mugi.JPG

ピザ作りの様子は、また次の記事でレポートしますね。
読んでくださってありがとうございました。




雑草屋Facebookページのご案内◆
こぐま塾を主宰する雑草屋の情報発信がまとめてご覧になれます。
「いいね!」をしていただくことで、雑草屋およびこぐま塾からのお知らせが
ご自身のFacebookにも配信されます。
posted by 塾長 at 22:09| Comment(0) | アグリコース(麦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。