2016年11月16日

稲刈り2016

こぐま塾HPをご覧いただきありがとうございます。

さて、小麦の部スタートに伴い、
お米と大豆でお味噌を目指す従来のコースは今後【味噌の部】と呼ぶことにします!
今後ともよろしくお願いします。

みなさん、10月のうちに無事に稲刈りが完了しました。
遅くなりましたが、充実の稲刈りの様子を写真でお届けします。

◆10/24 Mさん一家
お仕事の都合で平日にいつもいらっしゃるMさんご一家。
IMG_1801tanbo_m.JPG
この日はぽっかぽかの陽気で、ちびっこたちがすっぽんぽんで泥んこ遊びを堪能していました。

スズメよけのネットには、なんとカラスが絡まってぐったりしていました・・・
黒くて愛らしい目、柔らかい足の裏など、子どもたちもじっくり観察したようです。
IMG_1813karasu.JPG
ネットを丁寧に外したら、しばらくじっとした後で飛び立ったそう。

夏の間のこまめな草刈りが、豊かな実りをもたらしてくれました!
IMG_1829inekari_m.JPG

去年の稲藁を使って今年の稲束を縛ってゆきます。
IMG_1833wara.JPG

Mさんお手製の名札、可愛かったですね〜〜
IMG_1840mejirushi.JPG
干したお米の束に目印としてぶら下げて、稲刈り終了となりました。


◆10/30 Nさん、T田さん
この日はどんよりとうす暗く、肌寒かったせいか、子どもたちがみんなグズグズと泣き通し。
それでもお母さんたちは「今日済ませちゃいたい!」と、頑張りました。
IMG_2079inekari_n.JPG

刈り終えて稲束を縛る頃になって、やっと子どもたちにも落ち着きが・・・。
IMG_2099inekari_tm.JPG

うちのお米だよ〜♪ と、子どもに持たせて記念撮影タイム。
IMG_2104inataba_n.JPG
4月の種まきではやっとお座りするくらいで、泥んこを味見していたのに・・・
今では稲穂と背比べができるくらいに大きくなって、感慨深いですね〜。

夏、田植えから2週間後の草刈りが特に生育を左右する、ということで
特に草刈りを頑張ったT田さんち。たっぷりの収穫が嬉しいですね♪
IMG_2108inataba_tm.JPG

稲刈り前の大雨で、畦道が冠水。水がひいたあとも滑りやすくなっていましたが
2歳児組の誰一人として転ぶこともなく、稲束を持って慎重に渡っていきました。
IMG_2114inataba_tm.JPG

「危ないよ」「滑るよ」「それ持ってあげようか」・・・
一緒にいたらつい言ってしまいそうに、つい助けてしまいそうに、なるはずのシーン。
IMG_2116inataba_y.JPG
でもこの後姿、頼もしい。
大人達が野良仕事で“ほどよく手が離せない”のって、いいかも、と思いました。

束ねた稲は、稲架(おだ)と呼ばれる組み木に一定のルールでかけて
これから1ヶ月かけて天日乾燥させます。
IMG_2124oda.JPG


◆10/31 Oさん、T島さん一家
また陽気が戻ってきて、明るく賑やかな稲刈り日となりました。
IMG_2161inekari_tn&o.JPG

塾長は、よく育った稲株を種用に選んで、個別収穫していました。
たった1粒のお米から、うまくすればお茶碗1杯のお米が育ちます。
IMG_2165ine_bunketsu.JPG

育ちの良い株では、1本の苗が22〜23本まで分けつしていました!
IMG_2169ine_bunketsu.JPG

今年の田んぼは水がたっぷりで、水生昆虫も豊かだったらしく
特にザリガニに悩まされることもありませんでしたね。
IMG_2157zarigani.JPG

参加して2年になる子は、ついに稲刈り戦力に。みんな大きくなっていきますね!
IMG_2176inekari_o.JPG

乳幼児組は、積み上げた稲束を見上げて過ごしていました。いろんな虫がいたね〜
IMG_2182kome.JPG

自分たちの区画でとれたお米を抱っこ。お子さんより重い?同じくらい?
IMG_2196inataba_tn.JPG

子どもたちも稲束を持たせてもらって、ワイワイと記念撮影をしました。
IMG_2199inataba_tn.JPG

稲刈り直後ならではの、緑から黄色への美しいグラデーション。
IMG_2217ine_colorful.JPG

たわわに実ったお米の重みに、塾長も嬉しそうです。
IMG_2206inataba_k.JPG

お米はこれから、天日干し、脱穀、精米を経て、味噌作りのための米麹にしていきます。
一度は新米として美味しく食べたいですね♪ 精米までの過程も楽しみましょう!
IMG_2220oda.JPG


お味噌の主な材料は、お米と大豆。
稲刈りが終わって、次は大豆の収穫です!

日程調整中なので、みなさんのお返事をお待ちしております。
(詳しくはこちらの記事にて)


アグリコース味噌の部は、見学も承っております。お気軽にご連絡ください。



アグリコース麦の部は、2月までであれば途中からの参加も可能です。



雑草屋Facebookページのご案内◆
こぐま塾を主宰する雑草屋の情報発信がまとめてご覧になれます。
「いいね!」をしていただくことで、雑草屋およびこぐま塾からのお知らせが
ご自身のFacebookにも配信されます。
ラベル:自然農
posted by 塾長 at 23:07| Comment(0) | アグリコース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: