2016年05月29日

5月集合日の様子(苗のお世話・畝作り)

こぐま塾HPをご覧いただきありがとうございます。
P1130486treasure.JPG
5月14日(土)はアグリコース集合日、16日(月)は平日メンバーの集合日でした。
作業の様子、子ども達の様子などをレポートいたします。

苗代ではスズメよけネットの効果抜群で、無事に苗たちがスクスクと育っていました。
P1130376nawashiro.JPG P1130382nawashiro.JPG

今日はハサミを使っての雑草管理。伸びてきたお米が清々しいですね。
P1130381nawashiro.JPG

まずは藁を取り除きます。4月に藁の向きを揃えて並べた理由は、このためなんです。
P1130388nawashiro.JPG P1130389nawashiro.JPG
自然農の苗代では、雑草を根もと近くからハサミで切ります。
抜こうとすると土の中で稲の根まで傷めてしまうからです。

明らかにお米ではない、丸い葉っぱなどは簡単に見分けがつきますが
同じイネ科のヒエは、特に紛らわしいので注意が必要です。
P1130386ine_or_hie.JPG P1130398nawashiro.JPG
間違ってお米を切ってしまうのが心配なら、
イネ科の雑草はとりあえずそっとしておくのも手ですね。

4月に比べ、田んぼで過ごすことにずいぶん慣れた様子の子どもたち。
めいめいが色んな遊びを楽しんでいましたね。
P1130402kids.JPG P1130472fune.JPG

苗代でお米を狙っていたのは、スズメだけではありませんでした。
オケラが土の中を縦横無尽に掘り、種籾を食いちぎっているのがあちらこちらで確認されました。
P1130397okera.JPG
「オケラってこんなことするんだー!」と大人たちもびっくり。
名前だけは知っていたけど・・・という、虫の生態の再発見でした。

土曜日メンバーが苗代の半分を、月曜メンバーが残りの半分を丁寧に作業して、
こぐま塾の苗代はすっかりきれいになりました!
P1130399nawashiro.JPG P1130476nawashiro.JPG
それでも次回までには雑草が伸びてきますので、またチョキチョキしましょう。

今度は各家庭の区画選びです。ここが、こぐま塾の田んぼ。
P1130414tanbo_kukaku.JPG
どの区画も昨年田んぼとして使っているので、だいたい条件は同じです。
全体を見てもらい、あとはジャンケンで順に選んでもらいました。
P1130409tanbo_kukaku.JPG P1130483tanbo_kukaku.JPG
田植えより前に地ぎわから草刈りをしておくと、田植えの時期の負担がぐっと減ります。
6月の集合日には草刈りされることをおすすめします。

田んぼが終わったら、いったん「こぐまの森」へ。
野いちごや野バラなどが咲く森で、甘酸っぱい野いちごを楽しんで、しばしの休憩です。
P1130415forest_flower.JPG P1130416forest_flower.JPG

「ここが畑だよー」「またまた〜冗談でしょ〜」と言いながら通り過ぎた草むら。
・・・本当に、こぐま塾の畑でした!
P1130420hatake.JPG
みなさんで新しい畝作りを体験していただきました。

まずは目安となる杭から杭まで、直線ラインを鎌で刈っていきます。
どこが畑でどこが草むらか、はっきりしたほうが作業しやすくなりますからね。
P1130425hatake.JPG P1130429hatake.JPG
子どもたちも年齢に応じて参戦してくれました。
お父さんの手際の良さに見入ったり、ミミズや昆虫に出くわしたり・・・。

とっても素敵な風景ですね!!
P1130423hatake.JPG
お母さんは交代で小さい子どもたちの面倒を見てくださり、
こぐまの森が保育園状態でした。

さぁ、ここから畝作りに入ります!

縦のラインに麻紐を張って、それを目安にしながらどんどん草刈り。
畝にしたいエリアの地表を出します。
P1130432hatake_unetate.JPG P1130507hatake_unetate.JPG
刈った草は後で使うため、まとめて既存の畝間に落としておきます。

次に、畝と畝の間の通路(畝間:うねま)を作ります。
麻紐を目安にスコップ1つ分内側までを通路として作っていきましょう。
P1130512hatake_unetate.JPG P1130433hatake_unetate.JPG
雑草の根がぎっしり張り巡らされた土は想像以上に硬く、
長い辺に並行に2本、スコップで切り込みを入れるのはお父さんにお願い。
お母さんたちは横に少しずつスコップを入れて土を掘り上げ、畝に乗せていきました。

乗せた土の塊は、なるべくすぐにスコップで割ってほぐしていきます。
乾いてカチカチになってしまうと、なかなかほぐれない塊になってしまうからです。

(あたしはこのヒモをはずしたいなー)
P1130437shinken.JPG
かなり集中して挑んでいましたね。

畝間を掘り終えると、乗せた土を全員で更にほぐしていきました。
石や大きすぎる根っこを見つけたら取り除きます。
P1130449soil.JPG P1130439hatake_unetate.JPG
アリ、クモ、ミミズ、カブトムシの幼虫に謎の毛虫、そのほか色んな生き物に遭遇しましたね〜。
薬で土壌消毒してしまうような農地では、まずお目にかかれません。

畑の畝らしくなってきたら、土が乾燥してしまわないように刈り草をかけます。
草刈りの時点で既存の畝間に集めておいた草を、そのまま均一に戻すイメージです。
P1130442hatake_unetate.JPG P1130444hatake_unetate.JPG
自然農では、雑草はとても大切な栄養源。
微生物が地表部分からゆっくりと分解していくことでしょう。

畝作りを終えたら、家庭ごとに畑の区画決めをしました。 おや、どこかで内緒の冒険が。
P1130453hatake_unetate.JPG P1130454kids.JPG
日が長くなったこともあってか、解散後も子どもたちはゆっくりと森や原っぱで遊び、
両日ともにぎやかな夕方となりました。

この時期、たびたび遭遇する様々な種類の毛虫。(ちなみにこの虫はクマケムシでした)
害のない毛虫、毒をもつ毛虫、大人も覚えて見分けられるようになりたいね〜と話していました。
P1130462kemushi.JPG P1130464kumakemushi.JPG

いたずらもたくさん!
P1130504itazura.JPG P1130459hatake_kukaku.JPG
草丈がすごいですが、次回の集合日は主にこの「畑」での作業となりそうです。

女の子たちがチガヤの穂を集めて楽しむ姿、微笑ましかったですね。
P1130516tanken.JPG
参加されたみなさま、お疲れ様でした!


次回集合日は6月11日(土)、大豆の種まきです。
平日メンバーの方は13日(月)を予定しております。


アグリコースは、6月までであれば途中からの参加も可能です。
見学も承っておりますので、気になる方はお気軽にご連絡ください。




雑草屋Facebookページのご案内◆
こぐま塾を主宰する雑草屋の情報発信がまとめてご覧になれます。
「いいね!」をしていただくことで、雑草屋およびこぐま塾からのお知らせが
ご自身のFacebookにも配信されます。


ラベル:自然農
posted by 塾長 at 22:34| Comment(0) | アグリコース(味噌) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。