2015年11月05日

10月集合日の様子(稲刈り)

こぐま塾HPをご覧いただきありがとうございます。
10月24日(土)はアグリコース集合日でした。みなさまお疲れ様でした!

P1080457inaho.JPG

春の苗が良く育ったこともあって、なかなか生育が良いこぐまの田んぼ。
田植え後、適切な時期に草刈りをしっかりしたところは、分けつが旺盛です。
あの1粒の小さなお米から、こんなに茎が分かれて育つのですね。
P1080486kabumoto.JPG P1080453inekari.JPG
稲束の太さ、長さの目安を大人、子どもそれぞれの身体で確認したら、稲刈りスタート!!
刈り取った稲束を交互に重ねてゆきます。

子どもたちも稲刈りはやはり心が弾むようです。
穂先を泥につけないよう、考えながら刈り進みます。
P1080463inekari.JPG P1080471inekari.JPG
そこかしこで遭遇するザリガニに大騒ぎしながら、たくさん捕まえていました。

刈りながら見あげると、なんとも嬉しい眺めです。
お休みの日に家族総出で草刈りに通ったみなさん、苦労が報われるって、まさにこれですね!
P1080489inaho.JPG

天然の滲み水で営む、こぐま塾の田んぼ。
こんな田んぼのことを、天水田(てんすいでん)といいます。
ここは湿地のため、稲刈り時も足元は水が張っていたり、泥んこだったりします。

田んぼの中ほどを稲刈りする際はこうして高い台を置いて稲束を置き、
たまってきたら移動、を繰り返します。 どどん!と並ぶ稲束の山。
P1080491inekari.JPG P1080493syuukaku.JPG

区画を刈り終えたら、3束ずつを1束に束ねてゆきます。
P1080515shibaru.JPG

稲束を縛るのに使うのは、昨年の藁。
よく水につけ、4本くらいを上下交互に揃えてまとめ、軽くねじって用います。
P1080497shibaru.JPG P1080512shibaru.JPG
乾燥したら茎が細ることを考慮してきつくきつく、親指が痛くなるくらいきつく縛ります。

こうして干すための稲束をどんどん作っていって・・・ できました!
P1080502shibaru.JPG P1080521inataba.JPG

ひと家族の区画で育てたお米、こんなにたくさんでした!
P1080541inataba.JPG P1080543inataba.JPG
お父さんでも重い!子どもたちも代わる代わる、どれだけ持てるか試してみました。


束ね終わった稲束の山は、じっくり天日干しにするため、稲架(おだ)掛けしてゆきます。
干し場まで家族みんなで運びます。(こちらは運動会で来られず、翌週いらしたご家族です)
P1080822inataba.JPG P1080827inataba.JPG

稲束は左右を1:2に分け、向きを交互にしながら竹にかけてゆきます。
子どもが稲束を取って大人に渡すお手伝いは、大人もかがまずに作業できるので大助かり!

ちょっと大きい子たちは1:2に分ける手順までできるので、
草刈りから稲架掛けまで、午前中の2時間で終わってしまいました。
P1080982odagake.JPG
ズラリと並んだ姿は壮観でしたね! みなさま、お疲れ様でした!

P1080518dash.JPG

次回集合日は11月21日(土)。お米の脱穀と精米、そして大豆の収穫です!



アグリコースは、年度途中からの参加も可能です。
見学も承っておりますので、気になる方はお気軽にご連絡ください。



雑草屋Facebookページのご案内◆
こぐま塾を主宰する雑草屋の情報発信がまとめてご覧になれます。
「いいね!」をしていただくことで、雑草屋およびこぐま塾からのお知らせが
ご自身のFacebookにも配信されます。
posted by 小松 at 09:41| Comment(0) | アグリコース(味噌) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする